1. 国際結婚ならマリッジ・イン・ジャパンTOP
  2. 国際結婚
  3. 婚姻手続き
  4. タイ

タイの婚姻手続き

タイの婚姻要件

  1. 婚姻意思が合致していること
  2. 男性、女性ともに17歳以上
  3. 20歳未満の場合は父母等の同意が必要
  4. 重婚の禁止(配偶者のいないこと)
  5. 近親婚や同姓同本婚等の禁止
    (直系血族または3親等以内の傍系血族どうしは結婚できない)
  6. 女性の待婚期間(女性は離婚後310日間は再婚禁止)
  7. 疾病等による婚姻の禁止

日本で日本側→日本側の婚姻手続きをする場合

タイ人パートナーと日本人の方が日本に居住している場合などが該当します。

1.必要書類を準備

タイ人の必要書類

  • 独身証明書:1部 同英訳文1部+同和訳文1部
  • 住居登録証:1部 同英訳文1部+同和訳文1部
  • 申述書:1部+同和訳文1部
  • 在職証明:1部3カ月以内のもの
  • その他の書類 手続きをする役場で他書類を求められる場合があります
    例:パスポートのコピー・出生証明書・IDカード他
申述書とは・・・

日本側の要件として「婚姻要件具備証明書」が求められていますが、タイの独身証明書には、「・・調査した結果○○郡内において婚姻したことがない」としか記載されていません。したがって、受付役場が独身証明書のみでは要件不足だと判断した場合には、タイ人当事者は申述書を作成し他書類と併せて提出して下さい。
この場合の婚姻届は、法務局に婚姻届を受理して良いかどうか受理照会をしますので、届出受理までに日数を要することもあります。

翻訳文についての注意
タイ国郡役場発行の証明書(独身証明書等)は、いずれもタイ語なので日本の市区町村役場に提出するために、英語と日本語に翻訳します。
タイ語原本と英訳文の書類については、タイ国外務省領事局国籍・認証課にて翻訳の認証を受けます。

和訳文については認証は必要なく翻訳のみで提出できます。
翻訳文には翻訳者の氏名を明記して下さい。

日本人の必要書類

  • 婚姻届出:2部
  • 戸籍謄本:1部本籍地の市区町村役場に提出する場合は不要

婚姻届出が受理されたあと約1週間程で新戸籍が編成され、戸籍謄本の記載事項欄にタイ人との婚姻事実が記載されます。

2.タイ側への婚姻届のための準備
日本での婚姻手続きが終了後は、タイ人配偶者の本国郡役場に婚姻届を提出します。
タイ側へ婚姻届をするには、日本で婚姻手続きが終わった旨を証明する大使館認証済みの英文の婚姻証明、及び同証明のタイ語訳文が必要になります。

在タイ日本大使館で婚姻証明申請時の必要書類

  • 証明発給申請書:1部(日本語か英語で記入) 3カ月以内のもの
  • 戸籍謄本:1部(申請前3ケ月以内に取得したもの) 3カ月以内のもの
  • タイ人配偶者の身分証明書(原本及びコピー1部)
  • タイ人配偶者の住居登録証(原本及びコピー1部)
  • タイ人配偶者のパスポート(原本及びコピー:身分事項のページ1部)未取得の場合は不要
  • 委任状:1部日本人配偶者が申請時に来館できない場合、委任状内の代理人氏名は委任者が自筆で記入

証明書は英文表記のため、戸籍内の固有名詞(婚姻当事者の名前・本籍地・婚姻地)にふりがな又は英文で綴りを明記する。 
タイ人配偶者の住居登録証が手元にない場合は「基礎登録資料からの国民登録事項証明書」トー.ロー.第14/1号様式(原本のみ)を提出します。

申請人要件

申請・交付時とも代理人可。

交付

翌開館日

手数料

400バーツ(1部)交付時に支払い

申請・交付時間

 08:30〜12:00  13:30〜16:00
月〜金(土日、主にタイの祝日は閉館 大使館休館日)

翻訳文についての注意

大使館発行の婚姻証明は英文のみです。婚姻証明をタイ語に翻訳し、タイ国外務省領事局国籍認証課にて認証を受けて下さい。

3.タイ側の婚姻届をはじめます。
婚姻証明をタイ語に翻訳し、タイ国外務省領事局国籍認証課にて認証を受ける。

必要書類

  • 婚姻証明タイ語の翻訳文

タイ国外務省認証済みの証明書が発行されます。

4.タイ国郡役場に婚姻届出

必要書類

作成中※届出をするタイ国郡役場ご確認ください。
5.婚姻成立
日本で夫婦一緒に暮らすには・・・

日本で夫婦として一緒に暮らしたい場合には、入国管理局でビザ(在留資格)取得の手続きをします。
パートナーのタイ人の方が日本に居住している場合は、就労ビザ等から日本人の配偶者ビザに変更できます。

タイ在日大使館・在外公館リスト

タイ国内の日本大使館・領事館、日本国内にあるタイ大使館・領事館のリストです。