1. 国際結婚ならマリッジ・イン・ジャパンTOP
  2. 国際結婚
  3. 国際結婚と戸籍

国際結婚と戸籍

戸籍は「夫婦と未婚の子」を単位として作られています。国際結婚をすると日本人配偶者の方が筆頭者となり、夫婦の新たな戸籍を作成します。相手の外国人には戸籍や住民票は作られません。
戸籍の身分事項の婚姻欄に婚姻届の年月日、外国人配偶者の国籍・氏名・生年月日などが記載されます。

もし国際結婚により日本人配偶者が日本国籍の離脱をなしあるいは日本国籍の喪失届をした場合には戸籍にその旨が記載され、除籍されます。また、重国籍者が国籍の「選択の宣言」をした場合や外国国籍を離脱した場合のいずれも戸籍の身分事項欄にその旨が記載されます。

本籍地

本籍というのは、戸籍の置き場所です。住所は住んでいる場所ですが、本籍は国内の土地でさえあれば、誰の所有する土地でも設定できます。皇居でも富士山頂でもOKです。
戸籍謄本が必要になったときなどは、本籍のある役所に取りに行くか、郵送で請求することが出来ますが、本籍地以外の市区町村では発行することができないのでご注意ください。
二人で住む新居や日本人の方の実家住所を本籍地にする方が多いようです

氏名(筆頭者)

日本人配偶者の方の氏名が入ります。

戸籍に記録されているもの

日本人の名、配偶者区分(「妻」または「夫」)、生年月日、父、母、続柄などが記載されます。

身分事項<出生>

出生、出生地、届出日、届出人

身分事項<婚姻>

婚姻日、配偶者氏名(外国人配偶者名、氏名の順で、基本的にはカタカナ、漢字の場合は正字)、生年月日などが記載されます。