1. 国際結婚ならマリッジ・イン・ジャパンTOP
  2. 国際結婚
  3. 婚姻手続き
  4. 韓国の婚姻手続き

韓国の婚姻手続き

韓国人の方との国際結婚は、日本・韓国のどちらの手続きを先にしても特に問題はないようです。

パートナーの韓国人の方が、日本に在住している場合は在日韓国大使館で、韓国に居住されている場合は韓国の役所へ婚姻届けを提出します。

韓国の婚姻要件

  1. 男性は満18歳以上、女性は満16歳以上であること
  2. 未成年者の婚姻じゃ父母の同意が必要
  3. 8親等以内の血族による近親婚の禁止
  4. 重婚の禁止

日本で日本側→韓国側の婚姻手続きをする場合

1.必要書類を準備

日本人の必要書類

  • 婚姻届20歳以上の証人2名、外国人可
  • 印鑑
  • 本人確認書類運転免許書やパスポートなど写真付き
  • 戸籍謄本本籍地の市役所に届出の場合は不要

韓国人の必要書類

  • パスポート
  • 婚姻関係証明書と和訳韓国大使館で発行
  • 基本証明書と和訳韓国大使館で発行
  • 翻訳承認書
2.日本人パートナーの住民登録または本籍地の役所・役場に婚姻届を提出

婚姻受理証明書を発行してもらい、ハングル語に翻訳する

3.韓国人パートナーが日本在住の場合は在日韓国大使館へ婚姻届を提出
 韓国人パートナーが韓国在住の場合は韓国の市役所へ婚姻届を提出
必要書類
  • 婚姻受理証明書と韓訳ハングル語の翻訳文
  • 家族関係証明書韓国大使館または韓国市役所で発行
  • 2人の印鑑
5.婚姻成立
日本で夫婦一緒に暮らすには・・・

日本で夫婦として一緒に暮らしたい場合には、入国管理局でビザ(在留資格)取得の手続きをします。
パートナーの韓国人の方が日本に居住している場合は、就労ビザ等から日本人の配偶者ビザに変更できます。

韓国で韓国側→日本側の婚姻手続きをする場合

1.必要書類を準備する

日本人の必要書類

  • パスポート
  • 印鑑
  • 戸籍謄本+和訳
  • 婚姻要件具備証明書+和訳
婚姻要件具備証明書取得のための必要書類
  • 申請書
  • 手数料
  • 日本人の戸籍謄本:2通
  • パスポート
  • 韓国人配偶者の婚姻関係証明書
  • 韓国人配偶者住民登録証
在大韓民国日本国大使館で婚姻要件具備証明書を取得する場合は、2人で大使館に行く必要があります。

韓国人の必要書類

  • 家族関係証明書
  • 基本証明書
  • 婚姻関係証明書
  • 住民登録証カード
  • 婚姻申告書(婚姻届)
  • 印鑑
  • パスポート
2.韓国人パートナーの本籍地または住民登録している区庁へ婚姻届を提出
韓国の婚姻申告書には保証人二名の署名、捺印が必要です

事前に婚姻申告書を作成し、保証人の署名・捺印を貰っておくと良いでしょう。

※韓国の戸籍制度は廃止され、2008年1月1日から新しく家族関係登録簿制度が施行されています。従来の戸籍は廃止となり、家族関係証明書、基本証明書、婚姻関係証明書等が交付されるようになりました。

3.在大韓民国日本国大使館・総領事館で日本の婚姻届を提出
韓国側の婚姻届を提出後、1週間ほどで韓国の家族関係登録簿に婚姻事項が記載されます。その後日本の婚姻届を提出します。

日本人の必要書類

  • 戸籍謄本
  • パスポート
  • 印鑑

韓国人の必要書類

  • 婚姻申告書(婚姻届)
  • 婚姻関係証明書+翻訳
  • パスポート
韓国での婚姻が成立した場合のみ受理
韓国での婚姻が成立した日から3ヶ月以内に手続すること
4.婚姻成立
日本の戸籍に反映されるまで約2カ月ほどかかります。
日本で夫婦一緒に暮らすには・・・

日本で夫婦として一緒に暮らしたい場合には、入国管理局でビザ(在留資格)取得の手続きをします。
パートナーの韓国人の方が日本に居住している場合は、就労ビザ等から日本人の配偶者ビザに変更できます。

韓国在日大使館・在外公館リスト

韓国国内の日本大使館・領事館、日本国内にある韓国大使館・領事館のリストです。