1. 国際結婚ならマリッジ・イン・ジャパンTOP
  2. 国際結婚

国際結婚の婚姻手続きや基本情報を国別でご紹介

国際結婚イメージ写真 国際結婚に興味がある方や、これから国際結婚を予定している方へ通常の結婚と国際結婚の違いや手続きについてご案内します。

国際結婚するにはどんな手続きから始めたらいい?どこに書類を出す?名字はどうなる?国籍は?一緒に住むには?など、想像以上に複雑で様々な手続きを丁寧に解説していきます。

国際結婚の婚姻手続き

まず国際結婚をするには、日本とパートナーの国の婚姻の要件を満たしている必要があります。国別の婚姻要件や届け出方法を解説します。

国際結婚と国籍

国際結婚をしたら自分もしくは相手の国籍は変わるの?という疑問をお持ちの方が多いですが、国際結婚をしても基本的には日本国籍はそのままです。
ただし、配偶者の国の国籍法によって相手の国籍を取得する場合もあります。

国際結婚後の名字(姓・氏)について

国際結婚の場合は結婚しても名字(苗字・姓名・氏)はそのままです。何も届け出をしなければ、夫婦別姓となります。
名字をパートナーに合わせて変更したい場合は6カ月以内なら役所へ、6カ月以降や複合姓希望の場合などは家庭裁判所への届け出となります。

国際結婚と戸籍について

戸籍とは日本人としての身分を登録し、国籍の証明にもなるものです。どこで生まれ、誰が親か、結婚をしているかなどを証明しています。
国際結婚をしたら外国人の夫・妻の戸籍はどうなるのかを解説します。

国際結婚による子供の国籍

国際結婚で生まれてた子供の国籍は、日本では両親のどちらかが日本人ならばその子は日本人となる父母両系血統主義を採用しています。二重国籍は認めていないので22歳までに国籍を選択する必要があります。
パートナーの国籍はその国籍法によりそれぞれ異なります。

国際結婚による子供の戸籍と出生届け

子供が産まれたら、日本とパートナーの国それぞれに出生届を提出します。夫婦別姓ならば、日本人の名字なら日本人の親と同じ戸籍に。パートナーの名字を選択したら単独戸籍を作ります。外国の名字(姓・氏)に変更している場合は、子供も外国姓になります。