1. 国際結婚ならマリッジ・イン・ジャパンTOP
  2. 生活情報
  3. 保険

保険

保険

国際結婚をしたり、子供が産まれたら家族の生活を守るために保険に入っておくと安心です。
いままでひとりで入っていた保険を見直したり、新たに加入した方がいい保険を検討してみましょう。

共働きなどの夫婦のライフスタイルや加入している国民年金や厚生年金の保障なども考慮して必要な保険を選んでみましょう。

保険の種類と特徴

死亡のための保険

種類 特徴 保険料
定期保険 保険期間が定められ、満期時の返戻金がない
死亡した際、毎月か毎年に決められた額を受け取れる収入保障保険や、死亡保険金額がだんだん減っていく逓減(ていげん)定期保険はさらに保険料が安く抑えられ人気があります。
安い
終身保険 一生涯の死亡保障を確保できる
解約返戻金が変動する投資性のある変額終身保険もあります。
割高
養老保険 死亡保障額と満期受取金額が同額を受け取れる、途中解約すると損する 高額

病気のための保険

種類 特徴 タイプ
特定疾病保障保険 3大成人病(がん・急性心筋こうそく・脳卒中)にかかった場合に、死亡保険金と同額の特定疾病保険金が支払われる 終身
定期
医療保険 病気やケガで入院したとき、入院日額に応じた入院給付金や、手術の内容に応じた手術給付金を受け取ることができる保険です。 終身
定期
がん保険 がんと診断されたときに診断一時金や入院給付金・手術給付金が支払われます 終身
定期

子供のための保険

学資保険 子どもの将来の資金作りのための保険です。
幼稚園、小学校、中学校、高校など各学校入学の節目や大学の入学時に一括で祝い金を受け取って入学準備資金に活用できます。
契約期間中に契約者が死亡した場合などには、保険料払込の免除などがあります。

個人年金保険

老後の生活資金準備を目的とし、一定の年齢から年金を受け取ることができます。
保険型個人年金 積み立て期間と利子や死亡についても考慮された年金です。生命保険会社や損害保険会社、郵便局などで取り扱っています。
貯蓄型個人年金 加入者からの掛け金を運用してそこから得られた利益を年金にしています。加入者の生存に関係なく支払われます。銀行、信用金庫、証券会社などが取り扱っています。